矯正歯科

orthodontic

矯正歯科

マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)って何?

歯列矯正の技術は日進月歩ですが、近年最も注目を集めている治療法の一つがマウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)です。1997年にアメリカのアライン・テクノロジー社が開発したこの方法は世界中で急速に普及し、利用実績は世界90か国・340万人以上に及びます。
日本で正規導入が始まったのは2006年のこと。従来の矯正歯科装置につき物だったワイヤーやブラケットを一切使用することなく、オーダーメイドでつくられた透明のマウスピースで矯正治療を行います。
「歯並びを矯正したいけど、周りの人に知られたくない」という方、特に営業や接客業など人前で話す機会の多い仕事に従事されている方にとって、理想的な治療法といえるでしょう。

マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)が選ばれる理由

矯正装置が目立たない

インビザラインの特徴で真っ先に挙げられるのが、何といっても矯正装置が目立たなく周囲に気づかれにくいということです。通常の矯正装置の場合、どうしてもワイヤーやブラケットが目立つため、口元を気にしがちです。そうすると、知らず知らずのうちに、メンタル面で悪影響が出てくる可能性もあります。
これに対してインビザラインは透明で薄いマウスピースを使用するため、口元を気にせず会話ができ、歯を見せて笑うことも問題ありません。
人前に出る機会の多いお仕事の方、また矯正治療中に結婚式などライフイベントを予定されている方でも、写真写りを気にしなくてもいいのは大きなメリットです。

金属アレルギーでも安心

生活環境の変化などにより、金属アレルギーに悩まされている方が増えています。いつ発症するかわからないのも金属アレルギーの特徴で、現在金属アレルギーを抱えている人も含めて矯正治療に二の足を踏んでいる方は少なくありません。
そうした方にとっても、インビザラインはおすすめの治療法です。その理由は、インビザラインで使用するマウスピースはプラスチック素材だからです。したがって、口の中に常時装着していても安心です。

痛みや違和感も少なくて済む

インビザラインは少しずつ歯を動かすことにより、段階的に歯並びを矯正する方法です。そのため従来の方法に比べると痛みが少なく、唇や口腔内の粘膜を傷つけてしまう心配もありません。
また、マウスピースは薄いプラスチック素材であることと、歯の最小部分を覆う形態のため、違和感が少なくて済みます。

取り外し可能で、食事や歯磨きも行いやすい

ほかの矯正装置と異なり、自分でいつでも取り外しできることはインビザラインの大きな特徴です。そのため、矯正治療中に食べ物が装置の間に詰まる心配がなく、好きな食べ物を好きなタイミングで食べることができます。また、普段通りに歯磨きを行うことができ、メンテナンスも簡単ですので虫歯になりにくいというのも大きなアドバンテージです。

スケジュールを気にせず矯正治療が可能

従来の矯正治療は、治療を始めると定期的に歯科に通う必要がありました。そのため、「スケジュールが調整しにくいからちょっと…」とためらっていた方は多かったと思います。
インビザラインでも、基本は1~2カ月ごとに通院していただくことが理想ですが、最初に取った歯型だけで治療終了までのマウスピースを作製することが可能です。忙しくてなかなか通うことができない、あるいは遠方のため都合を合わせにくいといった方の場合、状況に応じて事前にマウスピースをお渡しするなど、柔軟な対応が可能です。

マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)のデメリット

自己管理が必要

装着時間を守らないと歯が動きません。

対応できない症例がある

患者様の口腔内や歯並びの状態、希望の治療結果によっては対応できない場合があります。

薬機法において承認されていない医療機器について

矯正歯科Q&A

Q 年齢制限はありますか?
A
何歳からでも矯正治療は可能です。中高生ぐらいの時期に始めた方が歯を動かしやすいことは確かですが、その時期でいけないというわけではありません。20歳以降になると、それほど歯の動かし方に大差があるわけではありませんので、歯の状態にもよりますが矯正治療を始めたいと感じたタイミングで大丈夫です。
Q 歯を抜かずに矯正治療は可能ですか?
A
よく誤解されがちなことですが、矯正治療を受けると必ず抜歯を行うわけではありません。抜歯を行った状態、行わない状態では明らかに口元の状態は異なるものです。 当院では精密な検査と綿密な患者様とのコミュニケーションに基づき、ご納得いただいた上で、どうしても抜歯が必要な場合のみ行うようにしています。
Q 治療途中で妊娠しても引き続き受けることはできますか?
A
妊娠しても歯の移動に影響が出ることはありませんので、安心して矯正治療を受けてください。矯正治療は特別な場合を除いてレントゲンを撮ることは少ないですし、妊娠中にレントゲンを撮ることもありません。 妊娠中の注意点としては、歯肉炎になりやすいことが挙げられます。妊娠した場合は今まで以上に歯磨きに注意していただき、口腔内を清潔に保っていただくようお願いいたします。

お気軽にご予約・
ご相談ください

インプラントのセカンドオピニオンに
対応しております

[診療時間] 10:00~13:00 / 14:30~19:00
[休診] 木/日/祝
火曜午後は18:00まで / 土曜午後は17:00まで

pagetop